Seminars

ヨガを知る

体系的に学びヨガインストラクターになろう

自分の体のためにヨガを学んでいた人がだんだん体が変わり柔らかくなっていくことはとても嬉しいに違いありません。その中で、ヨガの素晴らしさを人に教えることができるためには、ヨガインストラクターになることです。 ヨガには資格というものがありませんが、人に教えるのであればヨガインストラクターとなったほうがいいでしょう。 日本には、たくさんの体系的なヨガの流派があります。ヨガといってもパワーヨガやマタニティヨガなどあります。 その中から自分に合った流派のヨガインストラクターを目指すといいでしょう。 ヨガをする上で大切なことは決して無理をしないことです。昨日できたポーズが出来ない場合もあるものです。反対に、ずっとできなかったものができるようになると嬉しいものです。人と比べるものではないということなのです。 そのヨガの素晴らしさを一人でも多くの人に伝えていくのがヨガインストラクターです。

養成講座の選び方について

日本には、たくさんのヨガがあります。ヨガインストラクターを目指す場合には、ヨガで何を体系学的にしているのかということも調べてから講習会など参加してもいいでしょう。 ヨガを教えるために絶対にとらなくてはいけない資格というものはありませんが、人に教える以上はヨガのインストラクターの資格を取っておいたほうがいいのです。 何も知らないままに少しヨガができるからといって、教室などを開いてもその人に合ったヨガのポーズを段階的に教えていくことはとても難しいのです。 ヨガインストラクターの講座の中には、ヨガだけでなく心をコーチングすることもできる講座があります。 また、日本だけでなくハワイなどで行う海外留学コースも選ぶことができます。 人に教えるためにも体系立てて学ぶことができるコースを選ぶとよいでしょう。